MODEL
尼崎 京香
有田 美織
有馬 彩華
池田 夏夜
石内 美亜
石橋 周子
Mr.CAM Entry
岩見 治幸
上野 藍
占部 凪葉
Miss CAM Entry
江口 くるみ
遠藤 蓮
生石子 歩
岡 夢乃
笠 真奈美
笠置 七彩
梶原 さやか
片平 綾音
片村 美月
加藤 さくら
瓦田 瑞穂
木網 麻紀
北 歩未
木上 衿菜
Miss CAM Entry
木下 理子
Mr.CAM Entry
木村 勇貴
切江 真菜
工藤 笑里
久保 加奈子
熊 日向子
倉員 奈央
上妻 璃南
古賀 七夏
越山 めぐ
後藤 優衣奈
小八重 夢夏
小林 菜都乃
細美 悠里恵
佐藤 麻香
佐藤 亜美
佐野 竜一朗
篠崎 美優
菅 智也
Miss CAM Entry
砂川 陽
関岡 セリーナ
大丸 紗実
高倉 未夢
Miss CAM Entry
武山 真奈
Miss CAM Entry
田中丸 紗乃
田之上 佳奈子
津久間 七虹
辻田 吏乃
靍田 菜々美
出見 有紀乃
直木 花咲
中川原 葵厘
中島 心愛
中島 千桜
中園 美咲
Miss CAM Entry
長野 沙羅
中村 桜
中村 渚
中村 美南
中村 侑紀
Miss CAM Entry
南城 有伽
畠山 花鈴
馬場 梨華
濱本 崚平
林 笑理
Mr.CAM Entry
原田 隼弥
東 美里
久田もり
平野 澪
福田 千尋
藤木 春香
藤田 佳奈子
前 風花
松岡 佳奈子
松林 美利
松本 愛家
三雲 涼花
水上 莉緒
宮地 舞
宮本 純奈
村田 胡桃
村田 卓哉
安本 琴音
山川 優姫
Miss CAM Entry
山口 珠穂
山﨑 うらら
Mr.CAM Entry
山崎 拓朗
Mr.CAM Entry
山田 一輝
山脇 稜人
吉武 万佑子
渡邊 恵
ペンニャアンジェリカ
尼崎 京香
Kyouka Amagasaki
社会人になってイベントやみんなで1つのものを作りあげると言うことが少なくなり、いつもとは違うことや刺激がほしいと思い私は一昨年キャンコレ2017に出させて頂きました。今年もまたあのステージからの景色を見たいと思い挑戦しました。 大輔さんのお話やウォーキングレッスン、撮影など経験させて頂いて考え方や表現の仕方など様々な面で成長できたので今年は他人と比べないで自分の魅力がわかる人になりたいです。
×
有田 美織
Miori Arita
私がキャンパスコレクションに挑戦するきっかけは、天神でスタッフの方に声をかけていただきモデル説明会に行って、心を動かされたからです。学生の時しかできないことをやりたい、何かに夢中になりたい、自分を変えたい、たくさんの人と何かを作りあげたい、そんな気持ちになりキャンコレに挑戦することを決めました! 私はキャンコレを通して、人と比べず自分に自信を持って、自分の可能性を信じてあげられる人になりたいと思っています。親とか周りの意見に流されず、自分の夢をしっかり持って、それに向かって突き進めるような芯の強い人間に変われたらいいなと思っています。また、キャンコレではたくさんの人と関わって刺激を貰えるので、流行に敏感になり、センスを磨いてオシャレな人になりたいです。それを、今後の職業にも活かしていけたらと思います。
×
有馬 彩華
Ayaka Arima
去年のキャンコレに挑戦してから約1年が経ちました。私がまた、キャンコレに挑戦したいと思った理由は二つあります。 一つは、TPを観客として見に行って、客観的に、キラキラしたモデルさん達を見たことで、すごく元気をもらったので、自分もまたステージに立って、見に来てくれた方々を感動させたいと思ったからです。TPでは、特に、ウォーキングや魅せ方が上手くて、すごく印象に残ったモデルさんがいました。私も、沢山のモデルさんがいる中で、見に来てくれたお客さんのうち1人でも多くの方の印象に深く残るモデルさんになりたいです。 二つ目は、単純に、またレッスンを受けて、本番まで自分とひたすら向き合って、充実した毎日を送りたいからです。 この2ヶ月間で去年以上に外見だけでなく内面も自分磨きをして、殻を破り、新しい自分を見つけたいと思っています、頑張ります!!!
×
池田 夏夜
Kaya Ikeda
始めて人前でウォーキングをしたのは2016年のCCでした。当時看護大学生で、実習も勉強も大変でしたが、キャンコレを通して挑戦することの楽しさを知りました。それから看護師として働いていたけど、ずっとモヤモヤしたものがあり、やっぱりもう一度ステージに立ち自分の夢を再確認して、挑戦したいと思い今回応募しました!
×
石内 美亜
Mia Isiuchi
友達に誘ってもらうまでまったく興味がありませんでした。ですが、誘われて、ファッションショーに挑戦したことないから、してみたいなと思うようになりました。参加できたので、今まで楽器とかで自分を表現するのは得意でしたが、自分の体のみで表現することが苦手なのでそれを克服できるようにがんばります。
×
石橋 周子
Chikako Isibasi
私はアパレルで有名になりたいのが夢なんですが、お洒落をすることや周りと違うファッションをすることが好きで大学生のうちにファッションに関わるイベントに出たいと思い挑戦しました。キャンコレは服と関わるイベントだし、繋がりも沢山あります。私は一応スタッフもモデルも経験者なので、なにも言わなくても自然と周りが付いてきてくれるような存在になれるようにキャンこれ期間中も日々努力していき、挑戦し続けたいです。
×
岩見 治幸
Naoyuki Iwami
最初のきっかけは美里ちゃんに誘われてからです。最初はしぶってでるとはいいからなかったけど自分はファッションショーにでたこともあり2回目なら絶対楽しいからて誘われて出てみようとなりました。モデルの仕事等もしてみたかったこともあり自分のレベルアップのきっかけになるとも思いましたしミスターキャンのことも聞き挑戦してみたいと思いました。仲良くなれるまで自分を出せないとこから変われるきっかけや大学で友達も少ないので友達や知り合いを増やすきっかけになると思い今回挑戦しました!
×
上野 藍
Ai Ueno
私は、元々モデルに興味があって、 お誘い頂いた時は嬉しかったけど、学校も始まって新しいバイトも始めて両立出来るのか不安でした。でも こんな機会二度と無いし、心のどこかてしてみたいとおもっていたので 思い切ってお返事をさせていただきました。そして自分は美容の専門学校に通うことになり、これから将来的にモデルさんにしてあげる側になるので、される側の気持ちを味わうのもとてもいい経験になると思いました。そして、その経験をしたことにより、周りとの差がつけられるとも思いました。人前に出ると緊張して自分の力が最大限に発揮できないところが自分の短所だと思うのでそこもキャンコレに出ることで克服出来ると信じて不安は沢山あったけど、大学生のスタッフさんの気持ちもとても伝わったので挑戦しようと決めました。
×
占部 凪葉
Nagiha Urabe
モデル局長の菅くんにインスタで声をかけてもらったのがきっかけでした。1年生の頃や2年生の夏頃まではよく行くお店のモデルをさせていただいたり、ファッションショーに出させていただいたり、活発に活動することが多くありました。しかし私は看護大に通っているので2年生後期になると、一般の大学生に比べると講義数も多く、レポートも毎日こなしていかなければならないため、空いた時間が少なくなってしまいました。そんな生活を送っている中でまたモデルをしたいという気持ちが心の中にあるまま看護を理由になかなか踏み出せずにいましたが、菅くんに声をかけてもらったことでまた頑張ろうと思えました。やるべきこととやりたいことを両立しながらストイックに充実した生活を送ることができるようにこの2ヶ月頑張り、その後も活かせていけたらなと思っています。
×
江口 くるみ
Kurumi Eguti
今回のキャンコレは4回目で、去年はミスキャンに挑戦しファイナリストに選んでいただきました。ミスキャンの活動をする中で今までにしたことないことに挑戦したり自分に向き合ったりする事で、ひとつ成長することができました。自分がさらに成長するため、今回もキャンコレに挑戦しました。今までは自分らしさというものを出すことができてなかったように思うので、今回は自分らしさ全開でステージで歩きたいです。また、九州SGAとして福岡のキャンコレを引っ張っていきたいです!自分を見てくれた人に挑戦する勇気や感動を与えたいです!
×
遠藤 蓮
Ren Endo
去年TP2018に出演したんですけど、それは友達が出るから一緒に出てみようて感じで、軽い気持ちで出演したんですけど、その期間中で昔より、凄く自分に自信が付きみんなと一つの事に必死で頑張って、一つの物を成功させる素晴らしさ、自分に自信を持つ素晴らしさ、そして終わった時のあの感動と達成感を知ってて、またこのCC2019があるって聞いて、またあの達成感を味わいたい!今よりももっと自分の可能性を広げる第一歩の踏み台にしたいと思ったので、今回は友達が出るからとかじゃなく、1人でもいいからこれに挑戦しようと思い、出ようと決めました。今まで自分に自信が無かったので、去年よりもこれからいろんな物事をプラスに自信を持って考えていけるようになるために、変われるきっかけにして、今しかできない事を思いっきり楽しみたいなと思い挑戦しました。
×
生石子 歩
Ayumu Oosiko
自分のしたいことが見つからなくて、 色々な事を考えていたら自信を無くしててそんな時に出てみない?ってお誘いしていただいて何かのきっかけになればいいなと思って挑戦してみようと思いました!
×
岡 夢乃
Yumeno Oka
キャンコレを知ったきっかけは、去年学校の先輩が出ていたことからです。その先輩はその当時大学のミスコンにも出場しており、私も同じくその年のミスコンに出場していました。その先輩はミスコンの本番の特技披露で、キャンパスコレクションで習っているウォーキングを特技として披露していました。私を含めた他の出場者が無難な特技を披露している中、その姿はとてもかっこよくて印象的でした。また、大学のミスコンがきっかけでその先輩のインスタをフォローしており、レッスンの様子や自主練習の様子を見ることが多くて、キャンパスコレクションのモデルさんたちやスタッフさんたちの仲の良さや絆を感じました。私は部活動をしてこなかったので、一緒に同じ目標を持って頑張れる仲間がいるって素敵でいいなと思いました。それでも、自分がキャンパスコレクションに出るという発想はその当時全くなくて、すごいな〜かっこいいな〜、と思うだけで終わっていました。その後、大学のミスコン活動も終わり3年生になるため就職活動という言葉が身近になってみたとき、私は今なにが誇れるんだろう、何か自慢できることはあるのかと周りと比べたりして不安に思うことが多くなりました。昔から勉強ばかりで部活をしておらず、何か1つに打ち込んでやりぬくという経験が受験勉強くらいしか思いつきませんでした。そのことにとても焦りました。そんなとき、スタッフのしえちゃんに声をかけていただいて、自分を変えるきっかけになるかもしれないと思い応募を決めました。出ると決めたからには、誰よりも全力で走りぬくつもりで頑張ります。やり遂げたことが自分の自信にならなければ挑戦している意味もないと思っているので、やり残すことや後悔が何もないくらい全力で取り組みます。
×
笠 真奈美
Manami Kasa
私がキャンコレに参加しようと思ったのは最初は声かけられて興味を持った事です。元々ファッションやメイクなどが好きで色々な自分になりたいと思っていました。自分の体型や姿勢の悪いことなどたくさんのコンプレックスがあり自信がありませんでした。はじめはすごく悩んだし自分にできるかな、参加することでの周りの反応がとても気になりました。友達に相談したところせっかく機会貰ったならやってみたら?周りがどう思おうと結局は自分だし出来るのにやらないのはもったいなくない?と言われ心に凄く刺さりました。レッスンに参加してスタイルや姿勢など変えてもっと自信を持ちたい、色々な洋服や雰囲気を出したいと思い参加しようと決めました。また、ダイエットや自分を変えようという気持ちのモチベーションも上がり普段から意識することもできるかなと思いました。不安だらけだけど出るからには自分が1番という気持ちで出れたらなと思います。
×
笠置 七彩
Nanase Kasagi
最初はスタッフさんにDMをもらい、キャンコレを知りました。私は小学三年生からダンスをしていて、一時期ですがアンダーグラウンドより芸能の方に近いスタジオに入っていました。そこで私は将来アーティストだったり、演技だったりと興味を持っていました。そこでキャンコレを知ってお話を聞いて、私が目指す場所に近づけるところだと思い、少しでも夢を叶える確率を高くするために、挑戦しようと思いました!
×
梶原 さやか
Sayaka Kajihara
きっかけは友人からの誘いです。私はオーディションに受かった後も自信がありませんでした。しかし今、綺麗な歩き方を教わったり鏡で歩く自分を見ていたら、自分は変われるかもしれない、この機会に自分を変えたいと段々と強く思うようになりました。私は自分でも自覚していますが、普段ニコニコと笑顔でいる方ではなく、怒っている訳でもないのですが、怒ってるみたいと言われたりすることがあります。私はそれがとても嫌です。ですが、私は無理に笑うことが好きではありません。しかし、そんな自分も変えたいし堂々と生きていたいし、まずは少しでも笑って柔らかい雰囲気を自分から作って外見からでも自分を変えたいと思っています。中身はすぐには変わらないから自分磨きをして外見から自信をつけていきます。そして、キャンコレというイベントが終わったときに「いつも笑顔だね」と言われるような自分に変化していたいです、それがとても楽しみです!
×
片平 綾音
Ayane Katahira
キャンコレの存在を知ったのはスタッフさんからインスタで声をかけて頂いたからです。今年の豊富は20歳になる年のため、新しいことに挑戦しようと考えていました。そのため、キャンコレについて説明していただいたときにあっ!これは今までに経験したことのない新しいことだと思い、挑戦したくなりました。しかし、やはりオーディションで落ちるのが怖く締め切り当日まで迷っていましたが、声をかけて頂いたスタッフさんと話をずっとしている中でオーディションに応募することも新しい挑戦だなと思いはじめ、応募させていただき、今の自分がいます。キャンコレを通して、たくさんのモデル、スタッフから刺激を受け、自分磨きをしていきたいです。また少しでも自分のことを誇れるような人間になりたいと思います。
×
片村 美月
Mizuki Katamura
キャンコレを今年初めて知って、最初なんとなくやってみたいな楽しそうだな〜ぐらいの気持ちでした。でも今レッスンを重ねていくうちに、せっかくやるのだからこの機会にたくさん成長したいと強く思うようになりました。 私は人前で話すのが苦手です。新しい環境に入ると人見知りをしてしまってなかなか自分から話しかけれなかったり、自己アピールや自分の話をする時恥ずかしい気持ちが勝ってしまっていつも何もできないし言えません。 だからキャンコレ期間を通してたくさんみんなと話したり、人前で話したり、自分をアピールする経験をして苦手なことを克服して自信に繋げたいです。 人前で話すのは苦手だけど、ステージに立つのはなぜか好きです。そしてもちろんファッションも好きです。バレエやダンスを習っていて、ステージに立つことが好きで辞めたくなくて将来そんな表現に関わるお仕事がしたいと思っています。 そして、私が大好きで憧れているのは西野七瀬さんです。なぁちゃんみたいに多くの人を笑顔にして感動を与えられるような、魅力のある人になるのが目標であり夢です。 今は不安しかないけど自分で決めてこの場所にきた以上、2ヶ月後成長できたと少しでも思えるよう努力します。本番キラキラ輝きたいです。見にきてくれた人たちの心に残るようなものにしたいです。自分に負けません!
×
加藤 さくら
Sakura Kato
自分に自信をつけたかったから
×
瓦田 瑞穂
Mizuho Kawarada
私は最初、モデルスカウトでキャンパスコレクションを知り、表に立つことよりもファッションを一線に触れ合いたいと思いモデル局で4つのブランドを持たせていただきました!どれも精一杯やりきって悔いや後悔は一切なくできました! しかしながら私は、スタッフをしながらパルコのイヤリング屋さん2店舗のモデルや革製品のデザイナー兼モデルもしていき、表に立つことが多くなりました。そこで、私が表に立つ理由を考えると、1型糖尿病であることを周りに発信していこうと思いました。持病を持ってる人でも社会的ハンデがある人でも人前に立つことができる。そして、1型糖尿病がピックアップされれば、治らないと言われている病気でクローズアップされていない病気だが、研究機関を活発に動くのではないかと考えました。 私のことを見てくれてもちろん応援していただけると存在でも批判の存在でもいいと思っています。私という持病をもって自分を捨てずに生きているということをわかってもらえればと思いチャレンジしました。
×
木網 麻紀
Maki Kiami
何度かモデルの経験をさせてもらったことはあるけど、きちんとレッスンを受けたことはありませんでした。だから、今村さんのレッスンを受けたいとずっと思っていました。そしてキャンコレに出ることで、同じ目標を持ったモデルさんと同じ環境にいることで意識を高めたかったし、刺激を貰いたかった。レッスンを通して、自分に自信が持てるようになりたいと思っています。
×
北 歩未
Ayumi Kita
普通の大学生活を送っていたんですが、友達と遊んでいるときにたまたま声をかけて頂いて、これも何かの縁だと思ったし、自分を変えるきっかけになるんじゃないかと思ったので挑戦しようと思いました。私は人前に出るのも苦手で今のままでは成長も出来ないし自分に自信も持てないのでキャンコレをきっかけに変わっていければなと思います。
×
木上 衿菜
Erina Kinoue
私はキャンコレのスタッフさんに声をかけられ、キャンコレってどういうものだろうと思い最初は説明会に参加しました。説明会でスタッフさんが自信のない人、自分が変わりたいと思っている人は挑戦するのが大事という言葉をきいたときに、自信がないのは私自身にあてはまってると思い、挑戦してみようと思ったのがきっかけです。 今のは自分は自信がなく、周りを見ればスタイルが良い人たちばがりで、私がモデルをしていいのだろうかと思っていました。しかし、レッスンを受けていくうちに、今から変わればいいんだと思い気持ちが前向きになっていっています。 これから自信をつけて、内面的にも外面的にも自分自身を磨いていきたいです。
×
木下 理子
Riko Kinosita
私がキャンパスコレクション2019に挑戦しようと思った理由は2つあります。 1つ目は去年のCC2018に出てミスキャンを逃したことです。当時までの自分は何かをやり遂げたことがなくすぐ投げ出す性格でした。そのせいもあって落とされて悔しい思いをしました。悔しい思いをしたままで終わりたくないので今年は自分を捨てずにミスキャンになるため挑戦します。 2つ目は自分が成長できる場の1つだからです。私は去年でやり遂げることの楽しさと喜びと達成感を覚えました。CC2018終わるまでは謎の自信がありました。でも、やり遂げた時、自分の想像を超える自分と出逢え、モデル、モデル以外でも何事にも自信を持って積極的に物事を行うようになりました。もっともっと自分のウォーキング、メンタルをパワーアップさせるために今回キャンコレ2019に出ます。
×
木村 勇貴
Yuki Kimura
自分を変えたいと思ったからです
×
切江 真菜
Mana Kirie
私がキャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは友達からキャンコレでてみたらいいやん!って言われたのがまずのきっかけです。私は高校の時専門学校のモデルさんとしてファッションショーなど歩かせてもらいそこでこんなに素敵な場所を歩けることの幸せを体で感じまたもっと大きな舞台で華やかな場所で歩きたいと強い思いを抱いていました。そんな時に友達の一言でやろう!!と決心がついたことがきっかけで応募しました。 私の今の目標はキャンコレを見に来てください多くの方々に感動を与えることができるような歩きを見せることがまずの目標です。そのためにはあと残り8回と限られた時間を大切に習ったことを家で復習し1分でも無駄なくやっていくことです!人と比べるのではなく昨日の自分と比べてどうなったのかそこを大切にしていきたいです!
×
工藤 笑里
Emiri Kudo
私は今までものすごく濃ゆい経験を得て過ごしてきたと思っていました。小学校からずっとバスケットお生徒会活動、ボランティアと様々なことに取り組んで このまま夢に突っ走ろうと思っていました。したい事はいっぱい思い浮かんで考えている事はあるけれど高校3年生で進路を考える時迷い、最後に決めて専門学校に入学しました。だけど行っている途中に本当に自分がしたい事が何か分からなくなり いろんなことに挑戦して見つけて行こうとフリーターになりました。そんな時スタッフの方から声をかけていただいて、その時今頑張りたい事だ!と強く思いオーディションに応募しました。やるからには、全力で何事にも挑戦して多くのことを学び吸収して これからの夢や生活に活かして発信していきたいと思います。 周りの事だったり背負ってるものだったりを気にせず 自分らしくステージで輝けるようにこれからのレッスンやトレーニングも初めてのキャンコレだけど引っ張っていく気持ちで頑張っていきたいです。 そして地元からも見に来てくれる友達や家族に最高の自分の姿を見せたいと思います。
×
久保 加奈子
Kanako Kubo
私のキャンコレへの参加は、大学受験の進路選択が大きく影響しています。勉強漬けだった高校生活からやっと解放される、と、特に目的意識を持たず今通っている大学を選びました。しかし1年を振り返ってわかるのは、自分がどこにでもいるような普通の大学生だったということです。学校生活はとても楽しかったのですが、心に残ってるものを1つあげようとしても何も答えられませんでした。私が進路で悩んだのは自衛隊の幹部養成学校である防衛大学校です。人の命や国を守る人間になっていたはずの私と、普通の大学生である私、考えてみると今のままでは一生後悔すると感じました。親からも、防大行っていたら…とよく言われていました。それが本当に嫌でした。自分もよく感じていたからです。 そしてキャンコレのスタッフからお声かけいただいた時。なぜ自分が?と不安しかありませんでした。が、同時に大きく変われるチャンスでもあると思いました。海外モデルやファッションにもとても興味をもっていたので、少しだけでもそれに近づけることにも魅力を感じていました。声をかけて下さったスタッフには本当に感謝しています。 第1回レッスンでのウォーキングの時、新しいことに挑戦した自分が鏡に映っていて本当に嬉しかったです。今は、防衛大に行かなかった決断を後悔していません。私を応援してくれている友達はたくさんいます。親からもやっと自分らしくなってきたね、それが一番嬉しいよ、と言われました。キャンコレに参加したから得られる応援、言われた言葉です。あの時の決断は間違っていなかったとさらに自信を持って言えるように、これからも全力でキャンコレに挑んでいきます。 また、今はなりたい自分への思いより、今現在の自分への思いの方が強いです。ネガティブ思考だったり、周りと比べて自信を持てない悪いところもあります。それをなくさねばならないという考えを、キャンコレは与えてくれていると感じています。そしてこの気持ちを忘れずに、キャンコレを財産にしていきます。本番までよろしくお願いいたします。
×
熊 日向子
Hinako Kuma
キャンコレを知ったきっかけはInstagramでお声をかけていただいたからですが、 とにかく何か生活を変えたいと思ったのと、将来の夢に繋がるような事をしたいと思ったのが挑戦しようと思った理由です。 私は東京就職希望で、周りと少しでも差を付けなければ行けない状況で今まで何も行動に移すことができませんでした。 だからキャンコレに挑戦することで自己プロデュースをして周りと差をつけることはもちろん、自分にとって「+‪α」になるものを見つけたいです。
×
倉員 奈央
Nao Kurakazu
私がモデルをしようと思ったきっかけは、スタッフミーティングに行ったことです。私はずっとモデルをする勇気がなくて、自信がなくて、チャンスを水の泡にしてばかりでした。スタッフミーティングに行っていろんな話を聞いているときに、本当に私のしたいことはなんだろうって思いました。スタッフの皆さんが本当に真っ直ぐ前を向いていて、やりたいことやこれからやっていくことに真剣に向き合っていてそんな姿がすごくかっこよくて、スタッフさん達から勇気をもらったんじゃないかと自分では思います。そこで初めて、自分が今まで言い訳ばかりして逃げてきたのか自覚しました。変わるなら今しかないし、こんな人たちみたいになりたいって強く思いました。初めて挑戦する上でうまくいかないことや苦しいことがたくさんあると思うけど、ここのスタッフさん達や同じ立場の友達や先輩たちと一緒に乗り越えて、自信のなくて言い訳ばかりしていた自分を変えたいと思っています。今できることを全部全力でして、自分の知らなかったことを知って視野を大きくすることが目標です。
×
上妻 璃南
Rina Kozuma
スタッフの方からインスタで声をかけてもらったのが最初のきっかけでした。でも、もともとファッションやメイクが好きで、モデルや芸能の世界に興味もあり、キャンコレを受ける前も自分でいろんなモデルオーディションに挑戦したりもしていました。声をかけてもらえたのはチャンスだし絶対受けたい、受けるからには受かりたいし、大学生活でこれだけは誰よりも頑張ったって言える何かがほしいな、何よりいつも周りの目を気にしてしまう自信のない自分をやめたい、変わりたい、自信をつけたいと思い応募を決意しました。レッスンももう2回目が終わって時間経つのあっという間だし、ウォーキングの下手さとか体型とか不安なところもたくさんあるし、まだ周りの人と比べてしまうところもあるけど、せっかくモデルとして選んでもらえたので思い込みでもここにいる誰よりも私が1番だっていう気持ちで残りのレッスンも頑張ろうと思いました。2ヶ月後、人生の中で1番頑張った!って自信持って言える自分になれるように充実した2ヶ月を過ごそうと思います!
×
古賀 七夏
Nanaka Koga
何をするにも自分に自信がなく、周りに流されたり合わせたりしている自分が嫌で変わりたいと思ったのがきっかけです。また、キッカケがあるのに、なにも挑戦せずに後悔するよりも、色んなことに挑戦して悔いなく楽しく生きたいと思ったのもキッカケの1つです。 キャンコレに挑戦することで、自信を身につけ、これからたくさんのことにチャレンジしていきたいと考えています。
×
越山 めぐ
Megu Koshiyama
最初は親友の紹介でキャンコレというイベントの存在を知りました。私はあまり自分の外見に自信がなく、色んなことに対して諦めたりとマイナス面が多く高校生活でもその影響でやりたい事が出来なかったりする場面が垣間見えました。 このイベントを通して自分の価値観や考え方を変え、今後の生活人生に活かしていきたいと思い、この度参加することになりました。
×
後藤 優衣奈
Yuina Goto
今の自分を変えたいと思ったのが一番のきっかけでした。最初は興味があったからでしたが、説明会でキャンパスコレクションは「きっかけ」ですと聞いた時、私は自分を変えるきっかけにしたいと強く思いました。今まで自分に自信がなく挑戦することから逃げていました。しかし何もせずこのまま過ごすより失敗してもいいから一歩踏み出してみようと思いました。自分に自信が持てるようになりたいし、逃げずにたくさんのことに挑戦したいです。経験したことないことばかりで不安もありますが、ここで何を吸収できるかが大切だと思っているので少しでも多く吸収できるように頑張りたいです。
×
小八重 夢夏
Yuna Kobae
友達から誘われ、キャンコレに携わさせてもらいました。昔からモデルになるのが夢で、小さい頃は洋服屋さんのモデルになって、写真をとってもらったりちょっとした小さいファッションショーに出た経験もあります。去年は高校生ミスコンなども受けたりしたんですけど、もっと人前に出ることをしたくて、今回のキャンコレに挑戦しました。今回のキャンコレで夢に1歩進めたので、後悔しないよう自分の出せる力全部出したいと思います。また、キャンコレで学んだいろんな経験をこれからの生活で活かしていきたいと思います。
×
小林 菜都乃
Natsuno Kobayashi
様々なことに挑戦できるこの時期に、大学やバイトの生活じゃ物足りない、普通なら経験できない事をしたい、そう考えていました。去年の5月にオーディションを経て、missJAPONというグループで活動しているのですが、間も無く卒業を迎えます。これを機に、また何か新しいことを始めたいと考えている時に、声をかけていただいたのがキャンパスコレクションでした。staffさんの熱くキラキラした思いに、私自身一緒に目標に向かって努力したい、少しでも成長したい、そう思って私は今ここにいます。これまでは、挑戦しても中途半端で悔いが残ってしまったり、思考と行動が一致しないまま日々をなあなあに過ごしたりとしてきました。なので、この2ヶ月は目標に向かって努力し、習慣ごと変えたいです!誰かと比べるのではなく、自分の可能性を楽しみたいです!
×
細美 悠里恵
Yurie Saimi
友達に声をかけてもらい、友達が楽しそうにしてる姿や友達みたいに綺麗になりたいと思ったのが初めのきっかけです。そして、説明会に行って自分に自信をつけたい。ネガティブな考えをポジティブに変えたいと思ったからです。レッスンを受けて、仕事と両立で大変なことや人見知りで緊張すること、スタッフさんに迷惑をかけてることもありますが、レッスンの時間が楽しく、頑張りたいと改めて感じました。また美意識がまったく無かった私が別のお友達からちょっと美意識ついたね、どしたの?といわれ嬉しく感じました。これからも美意識を高めて、自分を好きになれる自分になりたいです。
×
佐藤 麻香
Asaka Sato
私は人前に出るのが苦手で、しかも人見知りです。そんな自分を変えたくて挑戦することに決めました。大学生になって自分はサークルとバイトしかしていなくて、このまま4年間過ごすのは嫌だと思っていました。だから、自分に自信を持てるように、一日一日を無駄にしないように、これから頑張っていこうと思います。
×
佐藤 亜美
Ami Sato
私がキャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは、キャンコレを通じて一歩でも夢に近づきたいと思ったからです。応募した時は、興味があってただやりたい!という気持ちだけで、こんな風に夢と繋がると思っていませんでした。 私は歌手になるのが将来の夢です。最初は歌手になりたいのにモデルとか畑違いでしょって母に反対されてて、それが悔しくてそれでもやりたいという自分の思いを知ってほしくて沢山考えました。大祐先生の話を聞いたり、レッスンを受けていくうちに、キャンコレに対する自分の気持ちとも真剣に向き合うことができました。その時に、色んなことに挑戦して自分を見てもらう機会を沢山つくって少しでも自分ことを知ってもらいたい、色んなことを楽しみながら、自分の夢に繋げたいと思うようになりました。 このキャンコレで自分を変えるのはもちろん、母に反対されたからこそ分かったことが沢山ありました。 反対してくれた母に感謝、そして支えてくださるスタッフや講師の方がいるからこそ、私達の輝ける場所があることを忘れずにキャンコレに挑戦する誰よりも輝けるように頑張ります!
×
佐野 竜一朗
Ryuichiro Sano
僕がキャンコレ に参加しようと思ったきっかけは、大学の先輩がTPで歩いている姿を見たからです。最初見たときは、大学で見る姿とは違いかっこいいなとしか思いませんでしたし、先輩からやってみたらと言われたときは自分なんてと思っていました。しかし、今自分は大学でサークルにも入っておらずただなんとなくしか過ごしていませんでした。そんな自分を見つめなおして、今しかできないことならやってみようと思ってキャンコレ に応募しました。しかし、やってみようと思う中一歩を踏み出す勇気が出ないこともありました。だから、ミスターにも興味があるのに応募しようか悩んでいました。でも誰かがやってみたらとか一緒にしようなどと言われると一歩踏み出してみようと思うのです。今はこれが精一杯ですが、このキャンコレ を通して誰かに後押しされてから踏み出すのではなく自分から一歩を踏み出せるようなれるように、そんな自信をつけていきたいです。
×
篠崎 美優
Miyu Sinozaki
最初はSGAの活動を知り、親にも内緒で密かにいつか挑戦してみたいと思っていた時、スタッフである友人に誘われました。キャンコレに出る事でSGAになれる一歩になると気づき今ここにいます。 いざ目の前にその挑戦するものがあると恐れ多くて未だに戸惑っていますがそんな自分をも変えたいと思うようになりました。そして、私事ですが去年から父親と疎遠になってしまい私がこのキャンコレで大きいステージに立つ事で自分の娘だと誇りをもって父がそう言えるようになれたらいいなと思う気持ちと私にも興味をもってほしいとそう願ってます。母には日頃の感謝を忘れずに日々仕事に没頭している中で私が舞台に立つ事で笑顔になってほしいなと思います。私は家族の為に頑張ります。
×
菅 智也
Tomoya Suga
自分は服とかファッションが大好きで、 いろんなブランド、これとこれを組み合わせたらおもしろいなとか、かっこいいなとか考えるの楽しくて、YouTubeとかで服関係の動画を見てるとファッションショーがでてきてそれをみてると自分も 出てみたいなって思いました。でも自分は背が小さいしなにも向いてない自分だと自信を無くしてしまいました、自分は何も特技とかなんもないし興味を持つのもないなか唯一あったのがファッションでしただからファッションもできて 自分がでたかってファッションショーにもでれるこれは最高の機会だと思いキャンパスコレクションに参加しました。 あと自分は人見知りがあるので、これに参加すれば人ともいっぱい関われるし 人見知りが減るんじゃないかなとおもって、勇気をだして参加しました。緊張や不安がたくさんあるかもしれませんでも やるからには好きなことをやって楽しめば人生も変わるんじゃないかなって思いました。
×
砂川 陽
HIinata Sunagawa
スタッフの方にキャンパスコレクションに誘っていただいて、初めは自分に自信がなくて人前に立つのも苦手で、オーディションも受からないだろうからやめとこうと思いすぐに 返事はしませんでした。 ですが今年の自分の目標が挑戦、自信をつける、積極的に行動することでとてもいい機会だと思い、参加することにしました。 今までの自分は内気で人前に立つと緊張してすぐにあがってしまい上手 く話せなかったり、周りからの視線を気にしたりしていましたが、今年こそは変わろうと決めたのでキャンパスコレクションで自分にもっと自信をつけたいです。 もう既にレッスンは2回終わりましたが、勉強になることばかりだし同じような目標をもっている仲間が沢山いて、励まし合いながら頑張れるので自然と緊張や不安もなくなっていました。 レッスン以外でも自主練をしながら本番まで気を抜かずに最後までやり遂げたいです。
×
関岡 セリーナ
Selena Sekioka
自分は高校生の時にモデルの体験をしました。その、モデルの活動を通して、たくさん辛いことや大変なこともありましたが共に楽しさを知ることができ、見てくれた人に「凄かった。かっこよかった。」と言われると達成感を味わい、自信を持つようになりました。その達成感や自信をもっと身につけたい、楽しさをもう一度味わいたいと思うようになりました。しかし、そのモデル活動が終わると体や顔など自分よりも他の人の方が綺麗だから、可愛いからと自信を無くしてしまう毎日が経つばかりでもう一度自分の中で何かを変えたい、自信をつけたい、憧れて貰えるようになりたいと思いこの活動に参加させて頂こうと思いました!
×
大丸 紗実
Shami Daimaru
モデルの夢をもう一度追いかけるためと自分を変えるきっかけにしたかったから
×
高倉 未夢
Miyu Takakura
私はスタッフのりかさんにInstagramから声をかけていただきキャンパスコレクションというものを知りました。最初は挑戦する気持ちはありませんでした。しかし、親に相談してキャンパスコレクションの動画を見させていただいた時にモデルのみなさんがとても輝いていて挑戦しようと思いました。私は中々自分からアピールしたり誰かに何かを伝える事が苦手です。ですがオーディションや、レッスンを重ねていくうちに話せる友達もでき、自分の中で何かが変わっています。少しずつコミュニケーションも取れるようになり自分自身が表舞台に立ち、輝くというものもとても楽しいと感じています。今まで2回のレッスンを受けてみて今までにモデルを経験されている方などのウォーキングを見てとてもカッコよく歩く姿はすごいと思いました。自分に自信があるからオーラも出ているのだろうと、感じます。OGのモデルの方やスタッフの方、そして先生方の話を聞いて自ら自信をもちチャレンジする事は素晴らしいことなのだと気づかされました。私はモデルをするという事は遠い存在だと思いただの憧れでした。でも、自分がその立場になりモデルをさせて頂くからには全力で努力してモデルというものを楽しみながらやりたいと思っています。自分が楽しむことでお客様も笑顔にでき感動を与えることが出来ると思います。 そして、私は今、たくさんの話を聞きミスキャンに応募するかを迷っているところです。とても、興味はあるのですがやはり自分で大丈夫なのか?という心の声がとても邪魔をしています。ですが、挑戦する事は大切だし、このような経験は簡単には出来ることではない。そう思っています。やるからには何としてでも全力で取り組みたいです。前向きに考え、この期間を人生の中で意味のあるものにしていきたいと思います。 一生懸命頑張ります。
×
武山 真奈
Mana Takeyama
私がキャンパスコレクションを知ったきっかけはスタッフをしている友達からの誘いでした。私はずっと学校とバイトを行き来して同じことの繰り返しのような毎日がとても嫌でした。またモデルになることが昔からの夢でした。そのためキャンパスコレクションを機に今の自分自身や生活を変えたいと思い応募しました。キャンパスコレクションが終わるまでに、ネガティブ思考な考え方をポジティブに肯定的に考えられらように変えて、自分の好きなことを自信持って好きと言えるようになりたいと思っています。2回のレッスンと宣材写真の撮影を終えて、すでに今まででは本当はみんなみたいに外で写真を撮ったりしたいけれど、それができなかった自分が、人目を気にせず楽しく写真を撮ったりすることができるようになっていることに気づきました。もっと素直に自分が出せるように自分のことが好きだと言えるように頑張りたいです。
×
田中丸 紗乃
Sano Tanakamaru
元々自分は行動力も自信もなくやりたいと思うことにあまり挑戦をする方ではありませんでした。しかし大学3年にもなり、このままではもったいないと思っていた時にキャンコレの事を知り、参加しました。 キャンコレでの経験を通して自分を内面的にも外面的にももっと磨き、自信を持って歩けるようになりたいと思っています。
×
田之上 佳奈子
Kanako Tanoue
私は自分に自信がなく、締め切り直前まで、自分は挑戦するのは無理だと迷っていました。でもキャンコレをきっかけに自分を変えることができるかもしれないと思い挑戦しようと決めました。 今も少しずつ自分が変わっていく事を実感しています!さらに理想の自分に近づくよう頑張りたいです!
×
津久間 七虹
Nanako Tsukuma
TP2018に出演し自分自身もっと成長できたのではないかなと思ったのとTPに出演したことでお互いを高められる素敵な仲間とたくさん出会えたし自分の一度きりの人生でもっといろんなことに挑戦してみたいと思うようになったのでTPやキャンコレをもっとたくさんの学生に知ってもらえたらいいなと思い参加しました。私は美容が好きでアパレルとトータルビューティサロンでアシスタントをしながら美容学校を2ヶ所ダブルスクールしています。美容業は自分の技術でたくさんの方を幸せにできる素敵な仕事だと思うので将来、美容業界で活躍するためにはまずは自分が内面的にも外見的にも美しくなければいけないと思っています。自分の思っていることを上手く言葉にできなかったりまだまだ自分に自信がない部分がたくさんあるので自分からたくさんのことを発信していけるような影響力のある女性になれるようキャンコレに参加しこれから努力していきたいです。
×
辻田 吏乃
Rino Tsujita
まずはじめは声をかけてもらって興味があったのでやろうと決めました。 私は世の中すごい人や有名な人や色んな人がいると思うんですけど、そんな中でも人の事をすごいし尊敬するとも思ったことあるし、現時点でもすごいって思う人もたくさんいます。でも、私は自分の経歴、自分の経験してきた事に誰よりも自信を持ってます。誰もができるような事をするような人生は苦手なので小さい頃から日々自分がやりたいと思う事、興味のある事を一生懸命してきました。 やるからには1番上を目指したい、誰にも負けたくない根っからの負けず嫌いなのでやる事をやってきて誰もができないような事を経験してきました。 なのでキャンコレでも色んな人と知り合えて、なお、自分の興味のある事もできて最高な機会だなとおもったので私は出ると決めました
×
靍田 菜々美
Nanami Tsuruta
大学一年生の時は部活の先輩がキャンコレに出ているのをお客さんとして見に行き、大学二年生の時は他の先輩からキャンコレに誘われたが予定が合わず断ることになった。そして大学三年生になり、Instagramで全く繋がっていなかったキャンコレのスタッフの方からお誘いのDMが届き、正直、キャンコレ自体に運命を感じた。元々、私は芸能業界に憧れを持っており、事務所に所属したり、オーディションに参加したりはしていたが、いつも何かと受け身になっていて、時の流れるままに過ごしていた。芸能界に憧れているのにかかわらず、何もしようとしない自分をどうにか出来ないかと思っていたところに、お声がかかり、これは参加するしかない強く思ったから私は今ここにいる。これから、自分にもっと自信を持ち、人と何か違うオーラを身につけ、憧れられるような存在になりたい。そのためにも何事にも積極的になり、挑戦する気持ちを持ち続けていきたい。
×
出見 有紀乃
Yukino Demi
何気なく大学生活を送る中で、何かに夢中になりたい、挑戦したいと思っていました。そんな時に声をかけていただきました。自分に全然自信が持てなくて、キャンコレに参加することをたくさん悩みましたが、そんな自分を変えたいと思い挑戦することを決意しました。この、キャンパスコレクションを通して自分自身を見つめて自分に自信がもてるように、これから努力していきたいと思います!
×
直木 花咲
Hanae Naoki
私はInstagramのDMで声をかけていただいてキャンパスコレクションというものを知りました。そして説明会に行っていろんなお話を聞くことが出来ました。正直、自信もないし不安も大きかったし自分がこんなことできるのかなって言う気持ちが大半でオーディションを受けるかも悩みました。でも、声をかけて頂いてキャンパスコレクションというのに出逢えたのも何かのご縁だと思ったし、挑戦することによっていろんな人と関わっていろんな経験をして自分が成長出来ると思ったので挑戦するこを決めました。キャンパスコレクションを通して、内面も外見も美しい女性になりたいです。6/9に自信を持ってランウェイを歩けるように努力し最後は、キャンパスコレクションに関わっている全ての人と笑顔で終われるよう頑張ります。
×
中川原 葵厘
Aori Nakagawara
DMと天神で声をかけていただいて私がこんな素晴らしいステージに立つことができるか不安がありましたが、なんでもネガティブに考えてしまう自分が嫌で変えたかったのと、やらなくて後悔したくなかったので挑戦しようと思いました。 レッスンが始まってからは友達もたくさんでき楽しくてやってよかったなと思っています。 大祐さんがレッスンの時に言ってくださる言葉1つ1つが響いて、もっと頑張りたいと思いました。 ウォーキングはもちろん、気持ちの面でもキャンパスコレクションを通して変えていきたいです。 これから先何かを決めないといけない時にこの経験を通して一歩踏み出す勇気を持てればいいなと思います。 そして決断したことに対して自信持って行動できる人になりたいです。
×
中島 心愛
Kokoa Nakashima
このキャンパスコレクションに挑戦しようと思ったきっかけはたくさんあるけどその中で1番強く思ったのは、綺麗な大人の女性になり自分に自信をもちたいと思ったからです。それと、オシャレをしたりメイクをするのがとても大好きでよく友達に頼まれ、してあげる側だったけど自分もしてもらう側になりたいと思ったからです。そして今私がここにいるわ訳は、見ている人に影響力と勇気を与えられる人になるためです。そのためにレッスンとトレーニング、日々の努力を毎日死ぬ気で頑張ろうと思います。小さい頃からファッションショーなどに出るモデルさんが憧れていたので1人でも多くの人に憧れられる存在になりたいとおもいます。ステージを歩く中でオシャレをすることは楽しいということや人は頑張れば磨きがかかり輝やけるということを観客席の人に伝えたいです。二回のレッスンだけでも鏡で全身の自分を見て歩いたり、今村大祐先生の話を聞く中で学ばせてもらうことがたくさんあり、本番後の自分がどーなっているかが既に楽しみです。キャンパスコレクションに出てよかった!と最後に思い、自信に満ち溢れた女性に成長できるように、精一杯取り組みます!!
×
中島 千桜
Chio Nakasima
私は今まで部活ばっかりで、他のことにチャレンジしたことがありませんでした。ファッションショーや芸能界に憧れはあったけど、自分には無関係な世界だとおもっていました。大学生になり、部活動の回数も減り、ただ"楽しいだけ"の毎日を過ごしていました。何かに挑戦しようと思っても、部活やバイトを理由に実際はしてきませんでした。新しいことに挑戦するのが怖かったからです。私は周りと自分を比べてしまいます。自分より優れた人を見ると、自信をなくし、そこで自分を見つめ直すのが嫌になって、目を背けて来ました。そんな自分を変えたくて、自分を見つめ直す機会が欲しくて、キャンコレに出ようと決めました。今、レッスンを受け、大祐さんを初め、沢山の人と出会い、目まぐるしく環境が変わる中で、少しずつだけど自分を見つめることが出来てきたと感じています。私はこの2ヶ月間で絶対に自分を変えます。この機会に感謝して、全力で努力します。
×
中園 美咲
Misaki Nakazono
自分への挑戦。
×
長野 沙羅
Sara Nagano
私がここにいるのは、学生で経験できないことを経験して、周りからの刺激をたっくさんもらって、内面的に成長したいからです。これから は、TPの時より技術的にはもちろん、ブランドの雰囲気を自分のものにして、かつ私がもっている雰囲気を最大に生かして本番のステージで輝けるように普段の生活からウォーキングを意識して、楽しみたいです!
×
中村 桜
Sakura Nakamura
私がキャンコレに参加するきっかけになったのは姉から話を聞いてみるだけでいいからと言われ話を聞きに行ったことでした。そこで憧れの感想をもちました、けど正直でることによって周りの友達から自分に自信もちすぎじゃない?って思われるだろうなと思い、あまり前向きに考えることができませんでした。でも挑戦してみようという気持ちからキャンコレに応募しました。私はキャンコレで自分の短所を直すことと、周りに影響を与えられる人間になりたいと思っています。私の短所は自分の出来ない事からすぐに逃げようとしてしますところです。レッスンもしているうちに焦りから逃げたくなるかもしれないけど、向き合い、気持ちの面を強くしたいです。私は今、ダイエットを頑張っています。結果的にはみんなにあこがれてもらえる体型になってどんな人でも努力をすれば、と結果で証明して影響を与えられる人間になりたいです。
×
中村 渚
Nagisa Nakamura
バイトと学校だけの生活に物足りなさを感じていて、去年キャンコレ福岡に出た先輩からいい経験になるのでとのことで誘われたのがきっかけです。残りのレッスンで歩き方だけでなく、雰囲気を出せるようになりたいと思います。
×
中村 美南
Minami Nakamura
キャンコレの存在は知っていたけど、あんまりピンときていなくていつも誘いをたくさん断っていたけど、キャンコレに出た友達や後輩がたくさんそれを機にモデル活動や他の仕事でたくさんの経験を増やしているのを見て、私も何か新しい事をしてみたいなと思ったのがきっかけです。
×
中村 侑紀
Yuki Nakamura
私は、昨年the PARTY2018に出演しました。 そこで得たものは、自分を好きになること。そして、もっと自分らしく胸を張っていいという自信です。 これをきっかけに見た目も、気持ちも変わることができました。 そして、この気持ちをもう一度味わいたいと思い、キャンコレに参加いたしました。
×
南城 有伽
Yuka Nanjo
私がキャンコレに出ると決めた理由は、キラキラしたかったからです。私以上に輝いてる方なんて当然数えきれないほどの人がいます。その中には努力して輝いてる方が大半だと思っています。キャンコレの存在を知ってから、私にだって挑戦できる、と思いました。挑戦してその先に何があるかは今はまだ分からないけど、経験値をあげて、ただ単に楽しかった。で終わらせないようなキャンコレにしたいです。最後に、キラキラしたい。この理由を言うと自分が好きなんだとか思われると思うけど、自分自身のことが好きじゃないとこの先やってけないと思っています。最後まで頑張ります。
×
畠山 花鈴
Karin Hatakeyama
インスタのDMでオファー頂いて、本当に私でいいなら、、!って気持ちで飛び込みました。こんな素敵な環境にいれることを今はとても誇りに思ってます。たくさん刺激をもらってます。今しか出来ないこと全部やってみようってしっかり思うことが出来ました。あとはだいすけさん始め、スタッフのみなさんについていきます。同時に私自身精一杯努力して行きたいと思ってます。頑張ります!!
×
馬場 梨華
Rika Baba
Instagramでスタッフの方に声を掛けて頂いてとりあえず説明会に参加しました。そこでいろいろ話を聞いて自分の生活と比較してみたら、今の自分の生活が物凄く物足りなく感じてなにか大学生活の中で思い出になることをしたくて挑戦してみようと思いました。また、来年に就職活動を控えているので周りの人がしてないことを出来るチャンスだと思い挑戦しました。
×
濱本 崚平
Ryohei Hamamoto
自分がキャンコレに挑戦しようと思ったきっかけはTPスタッフの経験です。スタッフをしてモデルが最初は自信なさげだったのに本番では人が変わったかのように自信満々で歩いている姿を見て感動しました。その時モデルに挑戦してみたいなと思いました。でも、なかなか挑戦する勇気が無くてどうするか悩んでいた時にTPスタッフのみんなが挑戦する事を後押ししてくれました。自分は人前で喋る事も自分を表現することも不得意でそんな自分を変えたいと思っています。まだまだ人前で歩くのに緊張するし照れて笑ってしまうけど、絶対本番では自信満々で堂々と歩けるように2ヶ月間本気で頑張ります。
×
林 笑理
Emiri Hayashi
今まで憧れるだけだったモデルに自分でもなれるんだ!という興味で挑戦してみました。 若い今だから出来ることを出来るだけたくさんしておこうと普段から思っていて、キャンコレという世界に入った今は、忙しくても楽しい!って思えるくらい充実しています🥰 そして、ほんのちょっとだけど理想に近付いていく自分の身体と気持ちにもとても驚いています 勇気を出してやったことを後悔してしまわないように、わたしらしい、けど、強くて可愛い女の子になれるように精一杯頑張ります
×
原田 隼弥
Syunya Harada
僕は大学生活を何気なく送っていて、常に大学生ってつまらんと感じており、やりたいことを探していました。自分で言うんですが、細身で背が高いのでモデルなんか出来たら、あとはもう少し若ければ、KーPOPアイドル。ただ自分に自信がなく、また家柄的にも厳しかったので、手堅い将来を考えていました。しかし、今回高校時代の友人の伊織から偶然にもキャンコレのお話を聞きました。周りにイケメンや綺麗な女性が多いはずだから、最初は参加に悩みましたが、説明会後にげんやから、「キャンコレお前が盛り上げてくれ」と連絡をくれました。この一言が本当に僕の背中を押してくれました。こんな僕でももしかしたら人の人生に影響を与えられる、引っ張っていける。あの一言がなければ、自分に自信もないまま、つまらない大学生活を過ごしてるはずです。だから、僕が今回キャンコレに参加する決断に至ったのは、自分を変える、変わった自分を見てもらうためです。
×
東 美里
Misato Higashi
キャンコレ、TPに出るのは自分の中で3回目になり、また出るのと思われてもしょうがないと思います。周りからモデル目指してるの?とよく聞かれます。でもモデルになることがゴールではなく、自分が成長の出来る場所であったり、刺激のもらえる場所、楽しく自分が自分でいられる場所なんです。まだ今の自分が殻を敗れてないところなどに納得いっておらずまたチャレンジしたいと思いました。また3回目の出演になるので自分の苦手なリーダーシップをとることや、グループをまとめることにも挑戦したいと強く感じだからです。今までは周りの目を気にすることが多く、どう思われているかをすごく気にしていました。自分にしか出来ないことや、自分の良いところ、強みを見つけてもっと自分を知り、「自信」に繋げて周りの目を気にせず、自分らしく楽しくパフォーマンス出来るように変わっていきたいです!
×
久田もり
Mori Hisata
私は、中学2年生の頃から女優になりたいという夢があって、大学生になったらなにか夢に近づけるようなことがしたいなと思っていました。大学に入学する前の春休み、キャンコレにエントリーしてみませんかっていうDMをもらって、もしかしたらこれはチャンスかもしれないと思いました。人前で自分を表現することだったり、内面も外見も磨く意識を持つことだったり、たくさんの人から注目してもらえるような女性になることだったりと、自分にはするべきことがたくさんある、今ここで踏み出すことで、将来のなにかが変わるかもしれないと思ったのです。スタイルには全く自信がないけれど、レッスンを受けるうちに、自信がないからといってネガティブになるんじゃなくて、努力したら自信はついてくるものだし、身体も中身も自分次第でどれだけでも変われるんだと学びました。だから私は胸を張って将来の夢は女優になることだと言えるように、今回のキャンコレを通して少しでも自分の魅力を見つけて自信を持てるようになりたいです。
×
平野 澪
はじめはお声がけ頂き、説明を聞いた時点では、自分には難しそう、世界が違うなって思ってました。 しかし声をかけてくれたスタッフさんや周囲の人の言葉で、ここでの経験は人生の中でも貴重なものになるのではないかと、自分を少しでも変えれるんじゃないかと思いました。正直、自分の見た目や美容系について考えたり意識することは苦手で、またそれらを周囲の人達と比べられるのは怖いです。 でも自分のこの大きな弱点に、この機会に正面から向き合って、少しでも改善して、少しでも自分に自信を得れれば、少なからず絶対これからの人生にプラスになるなと確信しました。 ひとつひとつが私にとって壁だけど、一段レベルアップした自分になれるように、家族や友達、そして自分に誇れる自分になれるように、笑顔を忘れず楽しんで全力でやり遂げたいです! よろしくお願いします!
×
福田 千尋
Chihiro Fukuda
自分がキャンパスコレクションに参加するきっかけはちょっとしたことで、1人のスタッフのお誘いを受けたことでした。色々なライブなどによく行くようになった自分にとって大観衆の前で躍動するアーティストは憧れの存在になりつつ、いつしかそんな場所に立ってみたいと思うようになっていました。そんな時の誘いだったので、自分にとってはちょっとした夢を叶えるチャンスだというような感情に駆られて参加することを決めました。しかし、参加するにあたって決してそういうようなプラスの感情ばかりではありませんでした。「はずかしい」とか「不安」、金銭的な面や学校やアルバイトとの両立など心配事もたくさんありました。それでも私はやると決めました。やるからには本気で取り組む。そんな強い気持ちで自分と向き合っていきたいです。全てをプラスに変えたいと思います。
×
藤木 春香
Haruka Fujiki
変わりたいと思ったから
×
藤田 佳奈子
Kanako Fujita
きっかけは、スタッフの方に誘っていただいたことももちろんありますが、それに加えて、何かやってみたい、自分に自信をつけたい、変わりたいと思ったからです。私は昔から自分に自信がないため、自分なんか……と卑下したり他人と比べて落ち込んだりすることが多くありました。でも、レッスンを受けて沢山の技術と、他人ではなく自分が成長できたかどうかという軸で考えるというものの考え方も学びました。これから、感謝を忘れず、沢山学習して吸収して、誰とも比較せず自分自身を好きになりたいです。
×
前 風花
Fuka Mae
私は1歳頃から人よりも目立つことが好きな方で小学校から学級委員、応援団長など、その他沢山のリーダー的役割をやってきました。中学校でもそこそこやってお陰で内申点も良かったです笑 だけど、高校生になっていろんなことがあって友人関係が悪くなったりとかでSNSでサロモの投稿や案件を載せるのが怖くなって前までならできていた投稿すらも出すのが怖くなりました。ただ周りの目を気にして投稿して、学校に行くにもいろいろ言われるのが怖くて朝が嫌いでした。そんな日々を過ごしてたらあっという間に高校生活最後になってあと一年、悔いの残らないようにどうすればいいか考えてた時にキャンコレのお話をいただきました。 初めは自分なんかできるわけないって気持ちがいっぱいでした。 けど自分を変えたい、自信を持ちたい、キラキラしたい、その想いの方がずっと強くて参加することに決めました。 絶対成功させて誰よりも輝いてやる その時そう思えたから今こうやって貴重な体験をさせていただいています。 周りは可愛い子、モデルみたいにスタイルがいい子、沢山います。 だけど私にしか出せないような魅力を頑張って引き出し、誰にも負けないオーラを醸し出しながらステージに立ちたいと思います。 過去の自分を何百倍も超えた自分になれるように頑張っていきたいです。
×
松岡 佳奈子
Kanako Matuoka
今回、私がキャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは、新しい自分を見つけたい、今の自分を変えたいと思ったからです。 私は今現在、専門2年生の就活時期で悩んだりする機会が多く、自分に自信が持てていませんでした。そんな時、インスタグラムで声をかけていただき、キャンコレの事を知りました。スタッフの方から話を聞いて、自分を変えるいいきっかけになればと思い、挑戦することを選択しました。 レッスンが始まった今では、レッスンを通して共に同じ目標に向かう友達、尊敬できる講師やスタッフの方々がいるという素晴らしい環境の中で自分を最大限に成長させれる場だと思っています。 これから先、辛いこともあるかもしれませんが、この仲間と共に乗り越え、本番まで全力で取り組んでいきたいと思います。 今回、キャンコレに挑戦すると決めた事に後悔はありません。周りの家族や友人はもちろん、過去の自分自身もが驚くような変化を遂げたいと思います。
×
松林 美利
Miri Matsubayashi
ウォーキング講師の今村だいすけ先生が私が小6の時モデルのショーを 見せてくれて、その輝いてる姿をみてすごいと思ったのがはじまりで 私も大人になったら、あんな姿も憧れるなぁと思って今村だいすけ先生とそんな話をするようになって、どんどん、夢が膨らんで、やってみたい!今とは違う姿を見たい!と思ってこのステージの声かけをきっかけにがんばろと思いました!正直大学生や高校生の歳上の方ばかりで毎回 ついていけないことも多いけど、これもこれからの人間関係につながるいいチャンスだと思いました。私にとって、これが最大のチャレンジかもしれないし、不安しかないけど 今村先生もほかの方々も、私のチームの担当のネイナちゃんもいっつも ポジティブで前を向いていて、そんな姿もミリは自分のメンタルを強くさせてくれる、だから、嫌なことも 真っ直ぐにやりとげたいです、正直レッスンしながら、自分にとって分からないことが多くて嫌になる事もあるけど、少しずつできるようになった時の自分はレッスンの場に来る前より輝いてると思う。その達成感のようなものが私の次の活力になってるなと思いました、後7回くらいの練習でもっと輝けるように頑張りたいです。今回の機会は諦めない気持ち 自分のメンタル、全てを変えたいです
×
松本 愛家
Aika Matsumoto
私はスタッフさんに誘われてキャンコレに参加しました。キャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは2つあります。1つ目は、ヒールを履いて背が高くなることにコンプレックスを持っているため、ヒールを履いて堂々と歩けるようになりたいと思ったからです。2つ目は、小学校のころからモデルさんになりたいと言う気持ちを持っていたからです。しかし、なかなか行動に移せなかったり、どこかで諦めている自分がいました。小さい時に憧れていたモデルを叶えたいと思ったのも、ここにいる理由の1つです。このチャンスを生かして、見た目だけでなく中身も美しくなりたいと思います。自分に自信を持ち、相手にも自信を持たせることができるように変わっていきたいです。そのために、自主練やナミトレなど、努力が必要です。学校、バイトなどやらなければならないことと両立しながら頑張りたいと思います。
×
三雲 涼花
Suzuka Mikumo
前回THE PARTY2018に参加して、自分を好きになること、表現することの楽しさを知りました。そして、たくさんの高めあえる仲間と出会えました。今しか出来ないことだからこそ、今度はキャンコレを通してより自分を磨き、みんなと高め合って最高の本番を目指します!!
×
水上 莉緒
Rio Mizukami
最初はスタッフさんから声がかかったのがきっかけです。正直自分の容姿には全く自信が無いし、モデルなんて一生できるものとは思ってなくて、でも何人ものスタッフさんから声をかけて頂き、一般人の私が夢のランウェイを歩ける機会を与えてもらってるのに逃すわけにはいかないと思い挑戦してみました。キャンコレ本番に向けてレッスンを受けていく中で、周りからは応援もあればディスられたりもあります。6月9日を終えた時に、やっぱりやらなきゃよかったと後悔するかもしれません。でも"やらずの後悔よりやって後悔"と思ってるので、ネガティブな自分を変えるためにも最後まで全力で頑張りたいと思います。
×
宮地 舞
Mai Miyachi
キャンコレを知ったのは、スタッフの方に声をかけて頂いたことがきっかけでした。就職活動も本格的に始まり出場するかどうかをすごく悩みましたが、大学卒業を前にして学生のうちに出来ることは挑戦したいと思い、キャンコレへの出場を決意しました。 キャンコレを通じて少しでも自分に自信が持てるようになり、自分のことを好きになってあげられる自分に変わりたいなと思っています。
×
宮本 純奈
Junna Miyamoto
スタッフさんに声をかけてもらい、学生のうちにしかできない貴重な体験になると思い挑戦しました。また、少しでも自分の自信となり今まで意識してこなかった事をキャンコレから意識して自分自身を高めれたらいいと思いました。
×
村田 胡桃
Kurumi Murata
去年のキャンコレに初めて出て、ミスキャンやsgaに選んでいただいて今の自分があるので、この1年でもっと成長した姿を見せたいと思ったからです。
×
村田 卓哉
Toya Murata
自分は将来、見てもらった人に影響を与えられるようなモデルや役者になりたいと思っていて、このキャンコレでの経験や出会いがこれからの活動にプラスになるのではないかと思ったから
×
安本 琴音
Kotone Yasumoto
前回のtpに出させて頂いて、自分に自信を持つことが出来て、明るい気持ちになれたことがとても楽しく、周りとは違う新しいことに挑戦できる、やり遂げることが出来たということは私にとって大きな一歩を踏み出す勇気を与えてくれました。それと同時に自分の成長を感じたり、年齢や忙しさ、諦め、時間、その他沢山の理由で色んな事を挑戦するを辞めてしまうのは人生を損している事だと気づきました。誰もが最初は初心者で、何も出来ないと思います。 不器用なりに少しでも誰かに この人は頑張ってる、キラキラしてる、かっこいい、と自分が頑張れる糧にして欲しいと思いました。 常に新しく、色んな事を楽しむ。 キャンコレは絶対に楽しい事だと思ったので挑戦しました。
×
山川 優姫
Yuki Yamakawa
4年前の私に、今の状況を伝えられるとしたらきっと過去の私からじゃ想像がつかなかったと思います。なぜなら本当に私は自分自身の事が大嫌いでコンプレックスの塊でした。人の目ばかり気にして毎日生きてきました。今回挑戦したきっかけは少しでも自分の自信が増えるように。堂々と自分の事が好きと言えるようになるためです。コンプレックスを無くす事は出来ないと思いますが、いい所を伸ばす事はできると思います。周りには沢山素敵な方がいるので、刺激し合いながら本番では、最高の笑顔で前を向けるように出来ることは全てチャレンジして成長していきたいと思います。
×
山口 珠穂
Tamaho Yamaguti
キャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは、キャンコレに参加しないかお話をいただいた時に、大学生の今しかできないことをしてみたい!退屈になんとなく過ごす毎日よりも大変だけど刺激的な時間を過ごしたい!と思い挑戦しようと決めました。今、キャンパスコレクションの練習に参加してみて、同じ意思を持った仲間と頑張れていることがとても幸せです。これから自分の魅力を少しでも引き出せるように努力します!
×
山﨑 うらら
Urara Yamazaki
きっかけはスタッフの方に誘われたことで、大学生活のうち学校やバイト以外になにか今しかできないことをしたいと思ったし人の目を気にしてしまう自分を変えたいと思った。だからこのキャンコレを通して、人と比べず自信を持って堂々とできる自分に変わりたい。
×
山崎 拓朗
Takuro Yamasaki
キャンコレに挑戦しようと思ったきっかけは、これまでなにかと理由をつけて何かに挑戦することを逃げてきた自分を変えたい。キャンコレを自分が変わる第一歩にしたいと思い参加しました。まだ二回のレッスンしか受けていませんが、スタッフの皆さんのやる気とサポート、ほかのモデルさんの気合と熱を感じ、自分ももっと頑張ろう!変わろう!と思っています。また大祐さんの熱のある言葉を聞いて、周りなんて気にしない!自分に自信を持って!強く!やりたいことを、自分の信じることをやろう!そういった思いが日々増しています。今後はその思いを形で示す、行動に移すため、さらに自分を外見的にも内面的な磨き、自分に自信がある!そう言い切れるように頑張って行きます!このキャンコレで今後の人生を自分の手で変えて行きます。
×
山田 一輝
Kazuki Yamada
自分がしたいことを確立するため
×
山脇 稜人
Ryoto Yamawaki
ステージにたってみたかった
×
吉武 万佑子
Mayuko Yoshitake
もともとファッションが好きで東京ガールズコレクションやガールズアワードを毎年見に行くうちにステージの上のモデルさんをみてカッコいいと感じたから。
×
渡邊 恵
Megumi Watanabe
後悔のように精一杯歩いて、憧れる人から憧れられる人になりたいと思ったため
×
ペンニャアンジェリカ
キャンコレ2019年に出ようと思ったきっかけは、またスタッフの子に声を掛けていただいて、色々考えているなかで、また後悔するのはいやだったので、何事も中途半端な自分を変えたいと思いもう一度参加することにしました。そして、今回The Party2017年とキャンコレ2018年を含めて3回目の出場になります。沢山の経験や、辛い事も沢山ありましたし、仲間とぶつかったり、自分自身が見えなくなったり、挑戦しないと気付かないことも沢山ありました。 レッスンを重ねていくうちに大祐さんにウォーキングを褒められたり、他の講師の熱いお言葉をもらったり、もう一度自分と真剣に向き合って、新しい自分を見つけ変わりたいと思い、挑戦することにしました。 また、今まで仲間と一緒にレッスンを受ける中で、周りの身長がとっても高くて、他の人と比べて落ち込んでしまったり、自分に自身が無くなったり時が結構あったので、今回自分と同じ悩みを抱えている人がいるとしたら、身長が低くても存在感があるという事をみんなに伝えれたらいいなと思います。なので、今しかない貴重な時間を本場に向けて、レッスンを一生懸命頑張っていきたいです。
×
INFORMATION
日時

2019.06.09 (SUN)
OPEN 13:30 / START 14:30 / CLOSE 20:00

会場

JR九州ホール
〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1

ALLIANCE